こころ
むつみ日記 3
コメント
メール
最近 仕事をしながら、新聞やテレビを見て、
      妙に感動したり、憤ったり、感情を揺り動かされる事が多くなりました。
犬と散歩しながら、今まで何とも思わなかった雑草や花が、 
      こんなにも可愛いことにどうして気付かなかったんだろう・・・って・・・
そんな自分の中の
『日々感じる心』を大切にしたい。
     そして、書きとめておきたいと思うようになりました。
毎日とはいきませんが、感じた事、思った事を日記風に書いていきたいと思います。

むつみ日記 1・・・2006年7月11日〜2007年3月24日
むつみ日記 2・・・2007年4月〜5月17日
むつみ日記 4
・・・2007年7月〜

2007年6月30日(土)
まりんの親子対面
             

         


                

まりんのお母さんとお姉さん達が八戸から遊びに来ました。
上の2枚がまりんです。
最後の座っている写真で見ると、右側から、お母さんのチェリー、長女ひめ、次女アイボ、
そして、我が家の三女まりんです。もう1匹長男ライオンマルが貰われていきました。
3匹は一緒に住んでいます。
2ヶ月で離れたので、やはり、まりんはお母さんも、お姉さんも解りません。
仕方がないですよね。
お母さんは、少し「クンクン」して寄って来る所をみると、何か感じるものがあるようです。
ほんと、似てるでしょう。特に長女のひめちゃんにそっくり!
みんな怖がりで、お互い(まりんと親子)近づきません。
でも、違う犬なら、吠えまくるのに、吠えないのは、どこか共通点を感じているので・・・と思っている私です。
「だって、同じ因子ですもの〜」
2007年6月29日(金)
畑の仲間が増えました!
       
朝、雨がこぼれて来ました。
お隣の畑の師匠さんが「、雨が降るみたいだから、今のうちに豆をうえてしまおう」と誘ってくれたので、一緒に植えました。
5日くらい前にねぎも植えてくれたんですよ。
ねぎって、最初、斜めに寝かせて、足元だけ土を被せるんですね。その2〜3日後ちょっと土をかけながら立たせるのです。絶対白い所だけで、青い二股に分かれているところに土をかけない事なんだそうです。腐ってしまうから・・・なんですって・・・
右の真ん中に一つあるのは、ヤーコンです。周りは遅い時期に収穫のえだまめ。
全部、師匠の畑からおっそわけしていただきました。
「良く育ちますように〜!楽しみだなあ〜」
2007年6月28日(木)
開墾・・・
  
5月の初め、素敵な庭を拝見してから触発されたのと、血糖値を下げるために、
「せっかく土地があるのだから草茫々にして置かないで、私もやれる範囲内で、自分の食べる野菜を畑で作ってみようかな」と思うようになりました。
3年位前まで、母が畑をやっていた50坪位の土地は草茫々。
見ただけで、「私にできるかなあ〜。。。」って・・・
ため息が出そうなくらいの茫々草に 一鍬入れたら、鍬が折れそうなくらいの根が張っていました。
私一人でやるのもめげそうなので、スタッフも誘い、二人でやることに・・・
それも仕事が終わってからやるので、自分達が出来そうな2畳位にしました。

        ●土作り

5月21日・・・鍬で草を掘り起こす。まさに開墾そのもの。重労働でした。少しやると、汗びっしょり。
        「農業って大変な仕事なんだなあ」って実感。

5月22日・・・今日も開墾。昨日頑張ったので、二人とも体が筋肉痛・・・
        3日間かかって、やっと植える所だけの2畳、開墾。

5月24日・・・土を浄化するため、本当は白石灰を土に混ぜるところ、
        ないので、家にあった苦土石灰を入れてみた。
        後で、虫が来た所をみると、やはり間違いだったかも・・・来年はきちんとやろう!

5月26日・・・肥やし、肥料を入れる。
        畑を毎年やっているお隣のお母さんに、ノウハウを聞きに行ったら、
        肥やしと野菜用の肥料を入れてくれて、なおかつ、うねの作り方を教えてくれた。
        やはりプロは違う!腰の入り、手の動かし方が違う!

         ねぎを植えるといつでも食べれるから、あと、もう一うね分、土を起こせば、
        後で植えてくれると言われ、また、開墾。
        お陰様で、3,4畳分くらいの畑になったかな。。。

          

       ●植える

5月28日・・・トマト3本・ミニトマト1本・サヤインゲン・ブロッコリー5本・きゅうり3本・青じそ1本・バジル2本・ナス3本・
        ピーマン4本・カボチャ3本・いんげん数本を苗で植える。

5月29日・・・ポットにルッコラ・ラデッシュ・サンチェ・水菜の種蒔き

5月31日・・・種から、ラデッシュ芽が出る。
        その後、次から次へと芽が出た。でも、聞く所によると直播で良かったみたい・・・次は気をつけよう!

6月8日・・・ポットから、畑へ植え替える。
        まだ双葉で、どれがラデッシュかルッコラか。どれも区別がつかないよ〜。

6月10日・・・トマト・きゅうりなどの支え棒をする。

6月16日・・・やっと双葉からラデッシュらしい葉っぱになって来た。

6月20日・・・ラデッシュなどの葉物野菜は、日に日に勢いが出て来た。
         なすが花が咲いた後、形になって来た。
         青いトマトもだんだん大きくなって、さやえんどうも小さく実がついている

  
     ●ルッコラ・ラデッシュの成長過程

    
     ●6月27日のトマト・ナス・サヤインゲンの成長

6月27日・・・葉物野菜の初収穫



●そして、サラダとして、食卓へ・・・



自分が作ったと思うだけで、美味しく感じるものです。
ラデッシュ・サンチェ・水菜・ルッコラ・パセリ・レタスのサラダですよ〜。。。
まだ、小さめなので、若くてみずみずしく、美味しかったです。。。
そして、体の中が綺麗になった感じ。。。
自然の恵みに感謝!ですね・・・「ありがとう〜!」
2007年6月24日(日)
とってもブルー
この1週間、いろんな事があり、今日はブルーの頂点のような・・・あ〜あ。。。憂鬱。。。
作った大物ランプは次々壊れていくし・・・悲しいよ〜・・・今日の素焼きで4個目。
まだ、成功した素焼きは2個しかない。
それだけでも落ち込むのに、それに輪をかけて、子供2人で追い討ちをかけることが次々発覚するのです。
この1週間、悪いことがあっても、「気にするな!そんな事もあるよ。頑張ろう!」って、
自分を励ましながら、過ごしてきたのに・・・
今日は、何か立ち上がれない感じなんです。。。とってもブルー。。。
申し訳ないけど、子供と話もしたくない・・・顔を合わせたくない・・・くらいショック!なのです。
この気持ち、どこに持っていったらいいかわからず、
「、日記に書いたら、ちょっとリセットできるかなあ」と思い、愚痴をこぼしています。
親なのに。。。しっかりしないとなあ〜。。。
見てる方は、内容が書いてないから、何のことか解らないと思いますが、私の気持ちだけ汲んでください。
「心がリセットできますように・・・」

2007年6月17日(日)
父の日
 
今日は父の日。
父の日なので、主人に感謝しながら久しぶりに私が夕食を作りました。
と言っても、すしは買ってきて、作ったのは野菜づくし。ヘルシーでしょう〜!
アスパラを茹でたり、そら豆を茹でたり、しょうがにみそ。どれもあんまり手が掛かってないものばかり。
あとは、ほたての香味野菜マリーネとみずのレモン風味のつけもの。
ミズとホタテはご近所からの頂き物で作りました。ミズを剥くのにとっても時間がかかるので手をかけたのはここかも知れません。
私達は、メタボリック予防のためにいいのですが、子供たちは今一かも・・・と思ったので、フランクフルト、蕎麦入りお好み焼きをつけました。
まりんはそら豆がお気に入りで、何度も「ほしいよう〜」とせがんで食べていましたよ。
アスパラも大好きなのに、そら豆を食べたいらしく、あげても、横に置くんですよ。まったく〜!

母の日もそうだったのですけど、父の日も、子供たちからは「ありがとう!」の一言も出て来ませんでした。
寂しいですね。せめてプレゼントをくれなくても、優しい言葉とお手伝いくらいしてくれてもいいのに・・・
箸も言われないと並べない・・・ほんと、大きくなるってこういうことなんでしょうか・・・
自分の好きなことばっかり・・・
父の日なのに、中体連だったので、お父さんは朝から弁当作りをしていました。
母の日は、主人が私に・・・
父の日は、私が主人に・・・
これじゃ〜話は違いませんか?子供から見た父、母なのに・・・
「思春期から、父、母の日は心が寂しくなるから、無くなった方がいい」と思っているのは私だけでしょうか?
ふと、数年前の子供たちが小さい頃、一生懸命私達のために絵を描いてくれたり、お手伝い券を作ってくれたりしてた事を思い出します。
最高だったのは、マッサージ器に座らされ、そばにおつまみを用意して、冷たいビールを注いでくれたんです。
それから電気を消して、プラネタリウムのような仕掛けを作って、星を映し出してくれたんですよ。
ロマンチックな、とってもすてきな母の日の夜でしたよ。
「あの頃は良かったなあ〜」って、最近とても感じることが多くなりました。
10年近く前に帰りたい・・・と思うことがよくあります・・・これも、年をとった証拠でしょうか?
それとも、子離れ出来ないで、あがいている自分がいるんでしょうか?
子供を大きくするまでに、誰でもこういう思いを通り過ぎて行くものなのかな?・・・
「子育ての先輩〜教えて!」
2007年6月14日(木)
楽しかったなぁ〜!!ストレッチ体操
我が家のイワチドリが咲きました。
可愛いですよね! 山野草って、小ちゃくて、なんて可愛いんでしょう〜!
ついでに、雑草だと思うんですけど、可愛いので、思わず写真撮ってしまいました。何かな?

花とは、関係ないんですけど、今日、友達に誘われて、仕事が終わってから、「リズム&ストレッチ体操」に行って来ました。
久しぶりに体を動かして、「気持ち良かった!」
汗をかくって、充実感を感じますね。
仕事では殆んど使わない筋肉を動かすので、体がほぐれた感じで本当に気持ち良いのです。
でも、きっと明日の朝は筋肉痛になっているかも・・・
一人で体操しても楽しくなく、すぐめげちゃうけど、皆でやると頑張れるし、連帯感のような楽しさが湧いてきますよね。
ヒップホップを少し教えていただき、皆でやって、とっても楽しかったんです。
「リズム感がない私に出来るかな?」と思っていましたが、出来なくても、それらしく体を動かしていれば、何とかなるもんだなあ〜・・・ 若者になった気分なんです!
勇気を出して、行って良かった!
この体操が、片足突っ込んだメタボリックシンドロームから抜け出させてくれるような・・・予感が・・・して来ました。

それにしても、先生(女性)はカッコイイ! スタイルがいい! 「全身筋肉」って感じなんです。
車から降りた時から、見るからに「あっ!先生に違いない!」というオーラが出ていました。
私も、あんな風になりたいものだなあ〜・・・つぶやき・・・

2007年6月7日(木)
保育園での陶芸教室
今日は保育園で陶芸教室をやって来ました。
4才児さんと5歳児さんが対象で、この写真は4歳児さんで、今回で2回目です。
前回教えた、土の性質も私の名前もしっかり覚えていてくれました。・・・嬉しかった〜!
今回は、お弁当を作りました。
初めてやった前回は、お喋りが多く、人数のわりにはうるさいかな?と思ったのですが、
今回は、お話がかなり聞けるようになっていて、いろいろなおかずを入れて楽しそうに作っていました。
粘土ではありますが、美味しそうでしたよ!
焼き上げると、もっと美味しいお弁当に出来上がりますからね・・・


      

  

5歳児さんは、自分の顔の鞄掛けです。鞄をかける部分はこちらの方でやるので、園児さんは顔を作るだけです。
顔をやると、作っている子が意識しなくても何となく似てくるから不思議なんですよね。
それは、陶雛教室(大人も子供もやります)をやっていても感じ、
お雛様の顔が作っている人に似ていて、思わず顔がほころんでしまいます。
これって、親子の顔があまりに似ていて、可笑しくなる感覚・・・解ります?
焼物で、自分の顔を作るって、「親が子供を生む」のと同じで、
「自分の分身」を生み出しているのかも知れません。

最後の男の子は、「トリケラトプス」を作ったのですが、これは焼くことが出来ないことになっているので、記念にパチリ!

子供の作っているのを見ていると、「素直な作り」にいつも、心が洗われるような気がします。
「原点、初心を忘れないように!」 と自分に言い聞かせて・・・

2007年6月6日(水)
まるめろの花
    
                  まるめろの花                             マムシ草

        

我が家の庭に、10日位前に咲いたまるめろの花です。可愛いでしょう!
私の好きな花の一つが、まるめろの花なんです。
人間で言えば、「少女」のような雰囲気を醸し出している花のような気がします。
清楚で、白にも近い、薄ピンク色。
少女のようにはじらいを感じさせるような、はにかんだような、「可愛さ」を感じるのです。
花言葉は何かな?って、調べたら、なんと 「誘惑」 だそうです。
フムフム・・・少しうなずける・・・


面白いところではマムシ草。
これは、花ではなく、草かな?
何となく、グロテスクで、だんだん日を追って行くにしたがって、マムシ色になっていく様が面白い。
憎めない可愛さが感じられるんです。
花言葉は「不明」だそうです。草だから?・・・
2007年6月3日(日)
あぁ〜 憧れのサクラマスさま〜
「念ずれば、願いは叶う!」って、本当ですね。
ビックリしました!

以前から、知人のご主人(釣キチさん)から、サクラマス釣りの話を聞いていました。
初めは「ニジマスの仲間だろう」ぐらいにしか、思っていなかったのですが、新聞にサクラマスのことが載っていて、「実は、高級魚で、とっても美味しい!」と書いてあり、その時から、とっても気になり始めたのです。
釣るのも、かなり難しいらしく、サクラマスを釣るためにポイントや水温など、いろいろ考えてやっても、運がなければ、なかなか釣れないらしいのです。
そういう話を聞くと、ますます、この目で「サクラマスさま」にお会いしたい気持が強くなり、「サクラマス釣りに命かけている三平さん」に「釣れますように〜!」と、心の中で熱いエールを送っていました。

でも、本当に・・・サクラマス解禁日に、「朝、釣れたの!」と、奥様からメールがあった時は、びっくり!!
それだけでも嬉しいのに、その後、夜に 「また56cmのが釣れたので、明日、裁いて持っていこうと思うんだけど・・・」と、メールが・・・
「しっ!しっ!信じられな〜い!」・・・ (絶句!)
こんな夢みたいな事が本当にあるんですね!・・・
それも、秋田の大館から、わざわざ持って来てくださるんですよ。
飛び跳ねたいくらい嬉しい気持って、こういうことを言うんですよね。本当!嬉しかった!!
嬉しくて、ウキウキしながら、「憧れのサクラマスさま」を想像しつつ、「どうしたら、一番サクラさまを生かす事が出来るか?」と、インターネットでお料理レシピを検索しました。
こういう時間もまた、楽しく、至福の時なんですよね。
解っていただけますか?
調べれば、調べるほど、「美味しく、獲れないので、高級料亭、ホテルに納められ、一般には出回らない」と書いてあるではありませんか。
私の中で、「憧れのサクラさま」への妄想が駆け巡った一夜でした。

次の日の夕方「ご対面!」・・・
綺麗な色でしたね!
釣れた時の手ごたえを三平さんに直に聞けたのも、リアルでいいですね。(ブログにその時の心もようが書いてありますので、ご覧ください。 http://tasyumiyuyu.cocolog-nifty.com/blog/ )

夕食は、我が家のシェフとあれこれ話し合った結果、
「サクラマスの黒コショウたたき風」
シンプルに素材を引き出す「塩焼き」にしてみました。
「塩焼き」は、脂がのって「とっても、美味しかった!」です。
「サクラマスの黒コショウたたき風」は、ハーブサラダと生長いもを真ん中に置くのですが、、そのマッチングがとても良く、その周りに黒コショウをまぶし、たたき風に半生に焼いた赤いサクラマスを置き、仕上げにガーリックソースをかけていただく。
「う〜ん、これはいける!こんな美味しいのは、食べた事ないぞ!ガーリックソースとサクラマスがとっても合うんです。」
ビールが進み、なんか、とっても幸せな気分にどっぷり浸った日曜日でした。

青森から、秋田の大館に向けて、
「ありがとうございます!美味しかったよ!」

そして、主人にも、「お料理作ってくれて、有難う!」



          蕨のおひたし
          竹の子とほたての炒め煮
          ちくわぶの煮物

           「サクラマスの黒コショウたたき風」
         「塩焼き」
2007年5月31日(木)
フェリー埠頭の八重桜
  
昼休みを利用して、近く(歩いて18分?位)のフェリー埠頭へまりんを連れて散歩に行きました。
最近は、朝、主人が散歩に連れて行っているので、私が時間を作って昼や夕方に連れて行ったりしています。
というよりは、私が運動のため、一人では寂しいので付き合ってもらっているのです。
フェリーはソメイヨシノではなく、八重桜をざぁ〜と街道沿いに植えています。
もう、終わりで、散ってきていましたが、きれいでしたよ。
お年寄りが、軽いジョギングと体操をしていました。
桜の木の下に、嫌がるまりんを無理やり座らせ、写真を撮りました。

    「まりんは、桜とマッチしてますかぁ〜!」

           
2007年5月28日(月)
弘前へ
今日、友達2人と弘前へさいとう天心さんの作品展を見に行って来ました。
さいとう天心さんは、4月に亡くなってしまって、18歳の息子さんが、「最後の作品展」ということで、開催していました。
この方は、前から、新聞で見ていて「面白い作品を作る方で、お会いしたいなあ〜」と思っていながらも、忙しさにかまけ、月日が経ってしまいました。
やっと、作品展を見に来て、「作者と会えないんだ」と思うと、とっても寂しい気持ちになります。
作品展を見せていただいて、「気」という一文字を書いたのを、1つ買って来ました。
さいとう天心さんから、私に「いろいろな気」を吹きかけてほしいな!と思ったのです。
物を作っている人は、いつも「やる気満々」で仕事をしているわけではなく、へこむことも多い。
でも、物を作る以上は、心を入れて、「気」を入れて作りたいのです。
私に励ましのメッセージを送ってくれますように・・・と・・・
さいとう天心さんのご冥福をお祈りします。


その後、3人で、「水豆花(すずはな)」という、豆腐料理のお店で、ランチしました。
メニューはこんな感じで、美味しかったですよ!



真っ白な紙に「素心」と書いて在るところが、
「これから、何がでてくるのかしら?」と想像をかきたて、また素敵ですね。
私の頼んだのは、お豆腐懐石(\1500)です。
最初に、お茶と豆乳が出て来ました。
ひじき豆腐の煮物、お豆腐ハンバーグ、寄せ豆腐、大根と京揚げの重ね煮、湯葉の吸い物、香の物、豆腐お造り、ご飯の9品でした。
今、メタボリックを気にして食べているので、この程度なら大丈夫かも・・・って、全部食べてしまいました。
「あぁ〜美味しかった!」
本当は、東京で食べたランチが「食べ納め!」と思って、はち切れんばかりに、お腹いっぱい食べたんですけど、またまた、ランチを食べてしまいました。
ふだんは、「腹八分目」を心掛けないとね。

2007年5月27日(日)
大物作りでプルプル

3日位前から、前に載せた庭園に置く、大きなキャンドルライトの製作にかかり始めました。
久しぶりの大物作りで、凄く体力を使うんです。
1個製作するのに、土を25kgも使うため、土練りや運び込みに力が入り、へとへと。
大きさは、幅35センチ、高さ45センチ位。作るのに輪積みとロクロで1日、削りと仕上げで1日。
最近は小物ばかり作っていたので、こんな大きいのをいきなり作ると、手がプルプルするんです。
それと、畑で、少し野菜を作ろうと思い、鍬を持って、開墾している最中なので、
これでも、慣れない力を使っているのです。
昨日は、草刈機で初めて、ヴィ〜ヴィ〜と草を刈りました。
1時間近くやったら、肩に担いでいても、手に重く圧し掛かる感じで、きつかったですね。
そんな1日でしたので、昨日の夜は、食事の時、、ぷるぷるして、箸も持ちたくないくらい、手がだるい。
こんな事って、初めてですね。
土、日だけ、ビールを飲むことに決めていて、楽しみにしていたのに・・・
手がだるくて、持ちたくないんです。この気持解りますか?


      

でも、良かったぁ〜!一晩寝たら、何とか昨日のだるさからは開放されました。
筋肉痛はありますが、仕事は出来そうだったので、今日も頑張って作りましたよ。
作りだけですが、こんな感じに、完成!
こんなに大きく、大変だったのに、焼くと小さくなり、その大変さを微塵も感じさせないのが憎いですね。
「失敗なく、理想どおりに焼けますように〜!」
2007年5月24日(木)
素敵な庭園

12日の日に三沢の方の庭園を見に行って来ました。
その方が、「庭にキャンドルライトを置いてみたい」というのですが、
広いので、どれ位の大きさで、何個くらい置いたらいいか?また、どんなイメージのものが合うか、
実際見に行って、決めようと思い、出掛けて来ました。
6000坪位と聞いてはいたものの、イメージ出来ず、実際見て、本当にびっくりしました。
家が真ん中で、周りが全部、手入れされた庭園で、家のどの方向の窓からでも、庭が見れるようになっているのです。
それも、みんな違う雰囲気の庭なのです。
和洋折衷のところが、また素敵です。芝生が、とっても綺麗で、寝っころがりたい気分になりました。
写真で見ただけでは、この大きさ、美しさは解かり難いのですが、写真しかないので我慢してください。
ホテルの庭より手入れが行き届いていて、小さな有料公園という感じですね。
ですから、白いテーブルセットが、3,4箇所もあるんですよ。
お庭でティータイムしたのですが、素敵な庭園風景と美味しいコーヒー、チョコレート、ケーキをいただき、夢のようなひとときでした。
びっくりしたのは、これだけの広さの手入れを夫婦お二人で毎日やっていると聞き、尊敬してしまいました。
お仕事も、普通にこなし、なおかつ庭の手入れ。それも毎日。
何よりも、「四季を楽しみながらやっている」という姿勢が素敵です。
お二人のお人柄が、庭に表れている感じがしました。


        





  

庭の中に「鳥居」があるのを、発見!
ご先祖様が会津からの流れで、会津を忘れないため、このように家に奉っておく所を作ったんだそうです。
会津の流れの方は、皆そうするみたいで、青森県の元北村知事のお宅にもあるらしいです。
その時に、会津から桜の木も持って来ており、今、孫の代の木だというのを見せていただきました。
「何があっても、絶対からして、無くさないように!」と奥様がお嫁に来た時に言われ、責任を重く感じたと仰って居りました。
会津の武士は、会津に誇りを持ち、郷土を愛していたんでしょうね。
武士魂のようなものを感じました。
右の松は、何十年もかけて形作って曲げた美しさが、私には、歌舞伎を思わせるイメージに見えました。


  

ほら、少し解っていただけますか?この広さ〜!
その他に、果樹も少しありました。
こんな素敵なところに、私の作った、キャンドルライトを置いて貰えるなんて・・・
と思うだけで、ワクワクしてしまいます。
「頑張って、この風景に溶け合うものを作るぞ〜!」
2007年5月21日(月)
運動会
今日は次男の運動会でした。
本当は、土曜日のはずでしたが、大雨で、今日に・・・
土曜日だったら、お弁当を持って行って、一緒に食べれたのに・・・
「月曜日だから・・・誰も来ないから・・・弁当を持って行って、友達と食べる。」
と言われてしまい、「とうとう、そういう時期が来てしまったか・・・」と寂しくなりました。
子供が成長した証拠なんだから、喜ばないといけないんだけれど、頭では解っていても、親離れして行く寂しさは何とも言えないものがあります。
今回を含めてあと2回しか見れないので、見に行ってきましたよぉ〜。
徒競争、リレーと頑張ってました。
下の写真は大縄跳び。最初失敗してしまって、2回目頑張って30回跳んだのですが、2位でした。
私も、思わず大声で、数を数えて応援してました。周りの父兄もそうでしたよ。




子供の運動会を、後1回しか見れないと思うと,「来年は晴れてほしいなあ〜」・・・と願っています。
最後に
「一緒にご飯食べたいよ〜!」
2007年5月20日(日)
東京日帰りぶらり旅
       

仕事や子供から解放されて、思いっきり遊んで来たのは、「何年ぶり?」と、思い出せないくらい久しぶりでした。
別に、何か目的があったわけでもなく、自由にふら〜りと行きたかっただけなんです。
ちょうど、50歳からのJR「大人の休日倶楽部」というのがあったので、1日乗り放題6000円で行って来ました。
青森から5時52分の朝一の新幹線を利用して、帰りは、夜の11時半に青森に着きます。
東京に8時間くらい居れますので、けっこう遊べますよ。
銀座で、高校の時の友達とランチを食べて、銀ブラして、買い物して、帰って来ました。
歌舞伎座を見たことがなかったので、その界隈を歩いて来たのですが、地図片手に歩くのも楽しいものですね。
ランチは,事前にインターネットで調べておいた「BALIーHAI」というアジアンティストな料理のお店。
種類が豊富で、1260円で食べ放題。
殆ど、今まで食べたことがないので、「どういうの?」って聞かれたら、わからないんですけど、「美味しかった!」ですよ。
何より、お店の方が親切でした。
夢中で食べて、良くお喋りしたので、写真を撮るの忘れちゃったんですよ。残念!
「気持良く食事が出来て、美味しい!」・・・私の一押しのお店です。
外人のシェフが日本語が上手だったので、「どこの国から、いらっしゃったんですか?」と聞いたら、
「バングラデッシュからです。」と言ってました。
是非、食べに行ってみてください! オススメ!


            

吉祥寺の「チチカカ」というお店で、こんな面白いものを買って来ました。
ひょうたんで出来た梟さんです。みんな1こずつ、顔も大きさも違うんです。
もう一つは、「ドリームキャッチャー」という、羽根の付いたお守りのようなもので、「あなたもきっといい夢見られますように・・・」という意味のものらしいです。
あとは、ビーズで出来たがいこつ。ストラップにしました。
南米のものがいっぱい売っていて、面白いお店です。
この梟さんの置物を包んでくれたのが、ペルーの新聞(判らないけど、多分そうだと思います)でした。
なんか、この飾らないところがいいですよね。

友達とも、思いっきり話をしてきて、楽しい一日でした。
「また、行きたいなあ〜!」